女学生日記

日常学校*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --  ○  ○  --:--
正月だからといって何かが起こるのだろうかとも思っていても、何も起こりゃしないので、一つ気ままにだらりと一日過ごしてみるのも良かれと、自分を甘やかすことにしてみます。
6


明けまして、おめでとう御座います。
今日の晩御飯は鍋です。


先程、晩御飯用の買出しへ行く父についてゆき、そのままコンビニで年賀状を買おうと目論んでいました。
それというのも、どうしてだろうか、送っていない相手から次々ときてしまったものですから、どうしたって返事を書かずにはいられず、しかも早く返さなくてはと、妙な焦燥感と恐怖心から、大学ラグビー戦を楽しく見る父を急かしてまでお使いへと行きました。
ちなみに、送った人から来たのは2枚、送っていないのに戴いてしまったのは3枚、合計5枚と言う少なさにめげつつも、そりゃあ皆は受験生なのだから仕方あるめえ、と考え復活し、私は貰った相手への返事を一刻も早く出さなければと、思う次第で御座います。


録り溜めた大奥を見ていたら、本当に悪寒がしてきたので、そんなに感受性が豊かであったのか自分、と思ったら、ただ単に部屋が寒かっただけでした。
室温、7℃
布団に包まっていたからといって、省エネ貢献とかほざいている場合ではありません。


昨日、良い頃合だろうと考えて、ノートに日記をつけてみると、自分でも吃驚するぐらい確認できるほどの、暗い日記が書けました。



今年は、ピアノと習字を習ってみよう。
何かいい事がありますように。

スポンサーサイト
2006.01.02 Mon      17:18
name  mail  url 
pass     secret?
trackback url:http://org30.blog47.fc2.com/tb.php/16-d852913b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。