女学生日記

日常学校*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --  ○  ○  --:--
ど根性、が手に入るのならば、こちらは一体何を差し出そうかと真剣に財産を考えてみようとして、自分にそんな財産なんて面白いものがあるはず無いではないか、それにひろしだって白いスウェットだかシャツだかしか与えていないではないか、と思うあたりが意気地なしだ。
黒こげ危機一髪



世の中には色々な人がいました。

という意見。
複雑な人の日記を見るのが好きな、根暗がふとというよりも経験的なようなそんな偉ぶったものを言うとはなんとも情けないけれど、まあ適当にそういうことを思いました。


昨日は、百夜行を夜中まで読み終えました。「恐怖音楽」というCDを借りてきたので、それを流しながら読みましたが、そのCDは特に効果がありませんでした。それだけ本の中身が凄かったのかと思います。日文行くくせに、本の話題をあまりださないのは、本を余り読まないというところが真実です。
今日は、その読み終わったあとに続けて本を読む癖をつけようと、昨日借りてきた他の本を読もうとしたけれど、おもしろくないのでTOEFLの勉強でもしようとして挫折し、昨日の「恐怖音楽」と一緒に借りてきたピアノ曲集をかけてエチュード 第三番 ホ長調 作品10の3あたりで記憶が飛びまして、身勝手に成立している人体は、毛布に潜伏してつい睡眠を貪ってしまいました。なので、その後に父と一緒に運動をしようという計画は父ひとりで遂行させてしまうというなんとも人体に都合のよい展開で終わってしまった日曜日でした。


あしたも休みです。
あさって、部屋で鍋パーティーが催されます。
なので、皆に笑われないようにお片付けをしなくてはなりません。
きれいにしなくてはなりません。












・・・なるのか?

スポンサーサイト
2006.01.30 Mon      03:07
name  mail  url 
pass     secret?
trackback url:http://org30.blog47.fc2.com/tb.php/28-6c24ded0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。